農畜産物等の放射性物質検査結果について(平成29年7月19日)を更新致しました。

当組合では、管内で生産された農畜産物等について、下記の通り検査を行っています。

〇当組合の検査機器・方法

(1)検査機器
 会社名:富士電機株式会社(東京事業所:東京都日野市富士町1番地)
 製品名:食品放射能測定システム(型式:NMU11)
 検出器:NaI(TI)シンチレーション検出器

  東京都ではゲルマニウム半導体検出器による精密検査を実施しています。
  ※東京都による検査結果は東京都産業労働局ホームページをご覧下さい。

(2)検査方法
 検出方法は上記NaI(TI)シンチレーション検出器を用いて、厚生労働省の定めている食品中の放射性セシウムスクリーニング法を参考に、安全性の確保のため毎週1回計画的に検査を行っています。
 尚、測定下限値を25ベクレル/kg以下に設定して検査を実施しています。

〇食品衛生法上の放射性セシウムの基準値

食品群 基準値
飲料水 10ベクレル/kg
牛乳 50ベクレル/kg
一般食品 100ベクレル/kg
乳児用食品 50ベクレル/kg

※平成24年4月1日より暫定規制値から基準値に変更になりました。
※国の基準により精密測定については東京都が計画的に実施しており、JA東京みなみでは東京都と連携して検査を実施しています。

当組合で実施しました農畜産物等の放射線物質検査結果については、下記PDFファイルをご覧下さい。

放射性物質検査結果:PDF

ページの先頭に戻る